読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

谷 充展のブログ

ある時、不意に胸を衝く言葉たち。そういうものが、どこかに隠れている。そんな場所。

グツグツ

今日の晩御飯は、白菜と豚バラの煮物。昨日、湯豆腐に使った白菜としいたけが残っていたので、「白菜 レシピ」で検索。あ、簡単そうなんあるやん!ということで。

 

白菜と豚バラを適当な大きさに切り、その間に昆布を水につけて出汁を取る。切り終わったところで出汁の入った鍋を火にかけて沸騰させる。適当な頃合いに、しいたけも投入。しいたけの甘みがとても美味しいことを、昨晩知ったのです。

 

出汁を取っている間に、少し大きめの鍋に白菜と豚肉を交互に重ねていく。多少、豚肉がダマになっても気にしない。具材が整ったところに、取ったばかりの出汁を注ぐ。味付けは、砂糖と醤油、それに残っていた白ワイン。開封済みのみりんの賞味期限がとっても昔に切れていたので、あるもので代用します。

 

調味料を入れたら、中火で鍋がグツグツ煮立つまで。その間に米を研いで、一食ぶんだけご飯を炊く。頃合いを見て、白菜の葉の部分を追加。出汁をとったしいたけも、一緒に入れる。

 

さて、ご飯も炊けたし、煮物も味が染みたはず。今夜は納豆ともずくを合わせて、いただきます。味付けは、徐々に慣れていくしかない。自分で作ったものは、幾分好意的に味わえるものです。