読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

谷 充展のブログ

ある時、不意に胸を衝く言葉たち。そういうものが、どこかに隠れている。そんな場所。

坂道、ジャズバンド、遠く離れていても

連休最終日。大学時代にいちばん長く、共に時間を過ごした親友の家に遊びに行く。駅から彼の家に向かう道中、坂を下って線路と目線の高さが交差するところがある。晴れた日の午後に、その道を通るのが好きだ。坂を下りながらカーブを曲がると視界が一気に開け、遠くに続く線路、その向こうに見える小高い山、そして家々の屋根が見えるんだ。

 

お昼をご馳走になり、コーヒーを飲みながら語り合う。昔話、家族の話、お互いのプロジェクト、仕事、将来のプラン、学んだ事などなど。もちろん、二人とも言語を学んだという共通の素地があるので、そういった話でも盛り上がる。

 

帰り道、駅前の飲み屋でワインを一杯。近くにカタルーニャ料理の店を見つけて、もう一杯。なかなかcosyなお店で、今度は一度しっかりとしたディナーに行ってみたい。都心へ戻って、どうしてもラザーニャが食べたくなったので寄り道をする。今日はホワイトソースベースのきのこのラザーニャ。合わせてもらったワインは、ピエモンテアナス・チェッタ。2005年のものをいただく。感想は、「美味しい」、以上。まだ味の表現を知らないけど、美味しいかどうかの感覚はわかる。

 

いい気分で駅に向かって歩いていると、ガード下からドラムの音。サックスとベースの3ピースに出会う。ジャズドラムの粋な音色に留学時代惚れ込んだのを思い出す。聴衆はいなかったけれど、足を止めてしばし聴き入る。1曲終わってもう1曲。それぞれのソロもあり、何より楽しそうな彼らの表情がいい。サックスの甘く柔らかい音が、ワインでふわっとした気分を優しく包み込む。Bravo!

 

**************

長く会っていなくても、毎日顔を合わせていたかのように語らい合える友がいる。そういった友人がいるという事実は、感動的だ。

 

リッキー・マーティンの、Gracias por pensar en míという曲。「僕の事を想ってくれてありがとう」という意味になる。

 

明日はまた新しい1日

でもどうして今日は

こんな気分になるのだろう

空から一人の悲しげな天使が

僕のそばに降りてくる

決して冷めない熱

そして乾いていく僕の笑顔

 

何もかもうまくいかなくっても

いつもどこかに出口はあるさ

全て失ったとしても

一筋の光はそこで輝いでいる

 

ただ何も言わずに僕を見て

僕を想ってくれて

ありがとう

 


Ricky Martin - Gracias por Pensar en Mi (A Via ...

 

自分の知らないところで、今日も誰かが自分を想ってくれている。どれだけ切ない時でも、涙に濡れた顔を照らしてくれる光がある。

 

そして自分も、また、人を想う。